思いつきdeものづくり

3Dプリンターで新しいものづくりを。素人が工作に奮闘する製作記です。

簡単に砲弾型LED用ブラケットを作る

 

 

ども、オカラボです。

今回は砲弾型LEDのブラケットを作ろうかと思います。

 

砲弾型LEDはLEDで一番メジャーなものではないでしょうか。

あまり電子工作に詳しくない人でも見たことがあると思います。

 

f:id:okayamalabo:20190114194240j:plain

5~10円/個と安いのが強み

 

最近は表面実装型のLEDが主流になりつつありますね。

ですが私は砲弾型の方が好きです。小さすぎてもはんだ付けがしにくいですし・・・

 

ですが、砲弾型には欠点はあります。

それはずばり、固定が難しいことです。

LED全般に言えることですが、外部に露出させようとするとどうしても基板も露出しちゃうんですよね。

固定用のブラケットも市販されていますが、ねじ穴がついていて強固に固定できるというものは少ないです。

というわけで、作りましょう。ないなら作るです。

 

 

 

・レッツものづくり

 

必要なもの

3Dプリンター

・砲弾型LED(3mm)

・デザインナイフ

 

デザインナイフはよく切れるものを用意しましょう。

私はOLFAのアートナイフを使っています。

 

オルファ(OLFA) アートナイフ 10B

オルファ(OLFA) アートナイフ 10B

 

 

今回使用する砲弾型LEDは3mmのものです。

 

f:id:okayamalabo:20190114200926j:plain

3mm(白色)です

 

というわけでLEDがはまる穴はΦ3mmですね。

私のENDER2は平均して±0.2mmの誤差が起きるので、3.2mmの穴を空けておきます。

3Dプリンタの精度にも個体差があるので、何度かプリントして何となくでもつかんでおきましょう。

というわけでサクッとモデリング。この程度なら1分かかりません。

 

f:id:okayamalabo:20190114201127p:plain

固定用に直径2.2mmの穴を二つ空けています。

 

出来たSTLデータをCuraに渡してG-godeに変換します。

小さいので精度を高くしても10分もかからず印刷できます。

 

f:id:okayamalabo:20190114203147p:plain

 

あ、そうそう。今回はヒートベッドの温度を80度にしています。

冬ですし、いつもの50度だと反っちゃうんですよね。というわけで80度です。

 

f:id:okayamalabo:20190114203403j:plain

完成品

サポート材をナイフで切り落として完成です。

 

f:id:okayamalabo:20190114203528j:plain

はめ込んでます。

f:id:okayamalabo:20190114203533j:plain

 

f:id:okayamalabo:20190114203620j:plain

固定用のM2ねじもきちんと通ります。




というわけで、砲弾型LEDのブラケット完成!(えらく簡単なものですが)

これで工作の幅が広がります。

 

【エンボスヒーター】ヒートガンを買いました【300W】

 

ども、オカラボです。

今回はAmazonで購入した小型のヒートガンをレビューします。

 

購入時価格:¥1299 

 

 

出力は300Wと、1800Wなんてものもあるヒートガンにしては小出力です。

温風の温度はおよそ200度とのこと。

私はナイロンのアニール処理に使う予定ですので十分です。

 

f:id:okayamalabo:20190110184724j:plain

 

f:id:okayamalabo:20190110185409j:plain

ノズル断面は汚い仕上がりです。

 

 

本体についているスイッチはON-OFFの電源スイッチだけ。簡単な作りです。

 

f:id:okayamalabo:20190110184829j:plain

 

また、本体はプラスチックですのですごく軽いです。

なーんか3Dペンに似ているんですよねぇ・・・?

 

f:id:okayamalabo:20190110184955j:plain

 

実際に使ってみましたが、熱収縮チューブは簡単に縮みます。

動作音は「ゴーッ」という感じ。ドライヤーのそれと同じですね。

ですが音量はかなり小さいです。室内でも気軽に使える程度の音ですね。

また、300Wと低出力ですので、非力ですが1800Wのものより間違いなく安全です。

ブレーカーが落ちる心配もないですしね!

 

f:id:okayamalabo:20190110185551j:plain

NOZZLE MAY BE HOT!(ノズルが熱くなるぞ!)

 

【2600㏐】プロジェクターLEISURE410【VANKYO】

 

 

お久しぶりです。オカラボです。

さて、今回は年始にプロジェクターを購入しましたのでレビューしようかと思います。

購入したのはVANKYO製LEISURE410です。

購入時価格:¥6989

 

 

 ・外観と付属品

 

 

f:id:okayamalabo:20190110170022j:plain

このようなケースに入って届きます。意外とコンパクト。

f:id:okayamalabo:20190110170026j:plain

取り出した本体がこちら

 

私が購入したのは白色です。

他に黒色もありますが、なぜか白の方が大幅に安いんですよね・・(?)

大きさはかなり小さいです。少し大きめの弁当箱くらい。

付属品は各種コードHDMI-HDMI・DSub-Dsub・AVコード)の3種です。

これに加えて電源コードとリモコンが付属します。

※リモコンは単四電池×2です。電池は付属してませんよ!

リモコンがなくても直接本体上部のボタンを操作すれば大丈夫ですが、やはりリモコンの方が楽です。

 

f:id:okayamalabo:20190110170722j:plain

 

接続ポートは

・USB・VGA・SDカード

・IEC・HDMI・AV・イヤホン の7つです。

 

f:id:okayamalabo:20190110175437j:plain

f:id:okayamalabo:20190110175440j:plain

 

USB端子から電源をとりつつ、スピーカーをイヤホン端子に接続する・・といった使い方ができます。

2.4WのLEDが駆動できましたので、そこそこの電流供給能力もあるかと。

ただ、イヤホン端子は外れの個体なのか、差し込み具合でLRのうち片方の音が出なくなったりします。(差し直せば治りますが)

 

USB端子も、なぜかTOSHIBAの16GBだけ認識してくれません。

まぁUSBはもっぱら電源用に使うのでいいんですが。

 

 

・機能紹介(USB・SD・HDMI

 

・USB

USBからは画像と動画ファイルの投影ができます。1080pに対応しているので画質もそこそこ。

でもあまり使う機会はないかな・・・

 

・SD

USBと同じです。

 

HDMI

PCとHDMIで接続してリアルタイムでPCの画面を投影することができます。

MHL対応スマホも投影できるのかな?私のスマホは非対応なのでわからないです。

YoutubeAmazonも試してみましたが十分です。1080pでも遅延なく視聴できました。

無線マウスと組み合わせると、投影された画面を見ながら操作できるので、すごい未来感がありますね('ω')

 

f:id:okayamalabo:20190110173814j:plain

白い壁に投影しています。

f:id:okayamalabo:20190110175239j:plain



・スクリーンは必要?不要?

 

プロジェクターを運用するにあたって悩むのがスクリーンですよね。

ぶっちゃけ言うと、私としては不要だと思います。

 投影面が白い壁じゃないとか、でこぼこしているとかなら必要だと思いますが、白い壁に投影するなら不要。

Amazonの画面を投影している上の画像を見てもわかりますが、個人用途では十分すぎるものだと思います。

ただ、スクリーンの有無は関係なしに部屋の明るさは落とさないといけないです。ムギ球だけつけるとかですね。

まぁ私は、84インチのスクリーン買ったんですけどね!

 

f:id:okayamalabo:20190110175346j:plain

( ^ω^)・・・

 

返品するのも迷惑なので、撮影するときの白いスクリーンとして使っています。

あとはそうですね・・・薄い布団くらいにはなるんじゃないかな・・・・?

 

 

 

 

 

【85C1】アナログ電圧計レビュー【まさかのパターン】

 

あけましておめでとうございます。オカラボです。

年末に頼んでおいた電圧計が届きましたのでレビューしようと思います。

 

これですね。購入した時は341円でした。

 

 

この電圧計は中国系の商品にしては珍しく、段ボールの小さな箱に入って届きます。

ですので、ポスト投函されません。大きさは65×70×60(握りこぶしくらい)です。

 

f:id:okayamalabo:20190104194737j:plain

0V-5Vのものです。電流電圧表と記載されてますが電圧計です。

f:id:okayamalabo:20190104194851j:plain

正面はきれいです

f:id:okayamalabo:20190104195055j:plain

後ろの出っ張りがおおきい

f:id:okayamalabo:20190104201003j:plain

f:id:okayamalabo:20190104201006j:plain



サイズは正面のパネル部分が63.4×55.4(実測)です。

後ろの出っ張りが大きく、直径25mm、高さ34mmの円筒に近い形状をしています。

円筒状の部分から出ている二本のボルト(恐らくM3)が端子です。

マイナスの方にのみ「-」の目印があります。

 

・・・で、電圧を印加してテスターと比較したんですが、動作は普通でした。

アナログメーターですし十分です。ですが・・・

ネジ山ごと面取りされているって何!?

 

f:id:okayamalabo:20190104200209j:plain

手前のネジです。角がきれいに落とされて円錐状に・・・

 

当然付属のナットは受け付けません。手持ちのM3ナットもだめでした。

謎の焦げ跡(?)はまぁいいとして、端子のネジが潰れているというのは致命的です。

値段が安いので仕方がないですが、このパターンは初めてだ・・・

 

まぁこんなわけで、どう使うかは追々考えます・・・

値段が安いので当たりを引く自信がある方は購入してみては?(ΦωΦ)フフフ・・・・

 

10円玉344枚で見る発行枚数との関係

 

 

ども、オカラボです。皆さんはやっていますか?小銭貯金。

私は半年くらい前からやっています。5円、10円、50円だけの簡単なやつですけどね。

500円貯金なんて恐ろしくてできませんし・・・

で、ふと思ったんです。

硬貨の年代別割合データとったら面白そうだな・・・

ですので、一番手元で数が多い10円玉でやってみました。

 

・データをとる

 

まずはデータをとるために平成のものと昭和のものに分けます。

でも344枚もあるんです・・・・かなりしんどかったぞ・・・ッ!!

 

f:id:okayamalabo:20181222203736j:plain

10えんだまの むれが あらわれた!(344枚)

f:id:okayamalabo:20181222203828j:plain

左が平成、右が昭和です。

 

あとはちまちま紙に年代を書き写してExcelでデータ表を作るだけ。

こういう時に正の字を書いて数える方法は楽でいいですね・・・

 

f:id:okayamalabo:20181222204139p:plain

できた

 

 

 

・グラフ

 

f:id:okayamalabo:20181222204322p:plain

だめだこりゃ

 

まずは発行枚数と計測枚数のグラフ。折れ線が計測値、縦棒が発行枚数です。 

あ、平成元年はH1年としています。

昭和29年から平成5年あたりまではまぁいい感じなんですけどねぇ・・・

平成10年から枚数が、ね・・?

 

 

・枚数ランキング

 

1位 平成16年(24枚)

2位 平成22年(14枚)

3位 平成13年(13枚

65位 昭和30年、31年、32年、33年、34年、37年、43年、45年、61年、64年

(65位は全て0枚)

 

ぶっちぎりで平成16年が多いですね・・・ナンデ?

グラフの突き出てる(誤差の主原因)やつが平成16年です。

他の年に比べて特別発行枚数が多いわけでもないんですが・・?謎ですね。

 

 

・レアな年代の枚数

 

えー・・・レアな年代ですが、なかったです。

ギザ10は一枚だけありましたが・・・

 

 

f:id:okayamalabo:20181222205718j:plain

昭和29年

 

少し前にトリビアの泉でやっていた10円玉を何万枚も集める!みたいな規模でやらないと、レアな年代のものは出てこないんじゃ・・・

最近、ギザ10もみませんからねぇ。古い硬貨は回収されてるんでしょうか?

 

・まとめ

 

小銭貯金、楽しいですよ!

レアな年代を確認するのも、時々枚数を確認するのも楽しいです。

でも、小銭をお札に変える方法は考えておきましょうね。私は今考え中です。

銀行に持っていくのが定石でしょうか?手数料取られちゃいますが仕方ないです。

 

【HDP-10B】卓上ボール盤HDP-10Bレビュー

 

 

ども、オカラボです(n回目)

今回は卓上ボール盤HDP-10Bのレビューをします。

例のごとくレビューが少ないんですよね、この機種。ですので・・・

レビュー、いくぞ!!

 

 

H&H 卓上ボール盤ミニ HDP10B

H&H 卓上ボール盤ミニ HDP10B

 

 

値段を見てもわかりますが、めっちゃ安いです。

卓上ボール盤ではAmazon最安なんじゃないでしょうか。

 

 

f:id:okayamalabo:20181217202702j:plain

 

まぁ普通のボール盤ですね。操作盤は正面から見て右に小さくあります。

といってもスピードを調整するダイヤルだけですが。

かなり速度が変わるので注意して操作しましょう。特に!ダイヤルの回転方向!

私はこの操作ミスで何度もケガしかけてます・・・

 

f:id:okayamalabo:20181217203134j:plain

ほこり被ってますね・・・

 

また、本体正面にスペック表や詳細が書かれたシールが貼られています。

 

f:id:okayamalabo:20181217203306j:plain

 

基本的には一番トルクが高い下段でいいと思います。それでも回転数が8000r/minなわけですから。

また、本機種は丸ベルト方式です。そこまで大きなトルクは伝達できません。

限界を超えるとベルトが滑ります。ある意味の安全装置ですね・・?

ですが、ホビー用途や軽作業には十分すぎるスペックです。

アルミや木材、PLAなどなら簡単に穴あけができますし。

厚さ4mmのアルミ平板でも時間はかかりますが、穴あけに成功しています。 

あと軽い(5kg程度)です。これ重要。

5㎏は重いだろ!って言われそうですが、ボール盤にしては軽いんですよ!

他の機種なんて10kgとかですからね・・・下手すれば床がやられます。

 

f:id:okayamalabo:20181217203800j:plain

グリスで汚れてますね・・・

ちなみにこのベルトですが、購入時に予備が1個ついてきます。

購入から1年以上経ちますが、ベルトの劣化などは見られないのでしばらくは大丈夫だと思います。

 

f:id:okayamalabo:20181217204319j:plain

XYテーブル装着してます

 

写真のように私はXYテーブル取り付けています。穴あけ等は不要でした。

というのもこの機種は、デフォルトの状態だと、とにかく不便なのです。

最初の付属品は万力だけですので、位置決めや固定がすごくやりにくい。

しかも回転数がやけに高いので、下手したら、手ごと持っていかれます

ですので私はXYテーブルと万力を組み合わせて使っています。

これですね。精度も剛性も低いですが、ホビー用途や軽作業にはこれで十分。

 

AMYAMY マイクロ・クロステーブル ミニのヘテロ ベン (6300 SIZE)

AMYAMY マイクロ・クロステーブル ミニのヘテロ ベン (6300 SIZE)

 

 

 

また、この機種、特にシャフト周りを分解するときにはドライバーは使わない方がいいです。

ネジがアルミ製かってくらい脆いです。

ほんとに脆いです・・・・何してもねじが舐めます。

ですので、回すときはネジザウルスなどでつかんで回しましょう。

いい値段しますが、性能はすごいです。

 

エンジニア ネジザウルスGT φ3~9.5mm用 PZ-58

エンジニア ネジザウルスGT φ3~9.5mm用 PZ-58

 

 

こんな感じですかね。

ドリルチャックはBから始まるよくわからない規格なので交換は望めません。

ホビー用途や軽作業に限るならば、この機種はありなんじゃないでしょうか?

あ、ドリルとかは安いので十分ですよ。私はコーナンの8本組のを使ってます。

 

よく使うArduinoの関数まとめ【Arduinoのいろは】

 

 

オカラボです。今回は特に何か作るといった気も起きないので、よく使うArduinoの関数を紹介したいと思います。

大学でC言語をやっているので、Arduinoの言語を忘れないようにという意味もありますが・・・

ではいきましょう。

 

 

 

 

このあたりが安くて手が出やすいです。

 

 

delayMicroseconds()

 

ミリ秒オーダーのdelay関数よりもより小さな時間を指定したいときに使う関数です。

delay関数のような遅延関数はC言語にあるんですかね?大学の講義では出てきませんでしたが。

()内で時間を指定しますが、これはマイクロ秒オーダーです。

A4988でステッピングモーターを回すときに使いますね。

 

okayamalabo.hatenablog.com

 

servo.write(角度)

 

サーボを回すときに用いる関数です。この関数を使うときは<Servo.h>をインクルードしてください。

 

f:id:okayamalabo:20181213204058p:plain

 

Servo servo;という部分でServo型の変数を宣言しています。

int a ;でint型の変数aを宣言するのと同じです。

ですので、Servo motor;と宣言したらservo.writeではなくmotor.writeとなります。

サーボモーターは余っているのでいつか何かを作るかもしれません。

 

・analogRead()

 

アナログピンからアナログ値をデジタル値で読み取る関数です。

可変抵抗器でモーターの速度や角度を変化させるときによく使います。

()内は使用するピンを入力します。基本はAから始まるピンです。

 

・Serial.println()

 

シリアルモニターに値を表示させる関数です。C言語のprintfと同じような関数ですね。

ちなみに、print"l"nですからね!print"I"nではないですからね!

違い、わかりますか?正しいのはl(L)ですよ。I(i)じゃないです。

私も最初はここではまりました。print inの方が意味的にそれっぽいですもん。

 

関数の()内には表示したい変数や文字列を入れます。文字列の場合は” ”でくくります。

例えば、val=100とします。

Serial.println(val) ⇒ 表示は「100」

Serial.println("val") ⇒ 表示は「val」

 

あ、プログラム例は以下です。analogReadと組み合わせてみました。

 

f:id:okayamalabo:20181213205220p:plain

printlnの下にdelayは入れましょう。入れないとモニタの数値の更新速度が大変なことになります。

 

・digitalRead()

 

今度はデジタル値を読む関数です。この関数は結果をHIGHかLOWで返してきます。

入力があればHIGH、入力がなければLOWです。

スイッチのオンオフを判断するときに使うことが多いです。

 

f:id:okayamalabo:20181213210849p:plain

 

・analogWrite()

 

出力を制御したいときに使う関数です。

ArduinoではdigitalWriteでHIGHを指定すると無条件に5Vが出力されますが、analogWriteを使うことで5V以外の電圧を出力することができます。

いわゆるPWM制御ですね。これでモーターの速度を調節したりします。(直接は無理ですが)

例えば5番ピンに出力するとき、()内には(5,255)と入力します。

この255とは出力の度合いです。

analogWrite関数では出力の度合いを0~255の256段階で指定することができます。

0はdifgitalWriteでいうLOW。255はHIGHとほぼ同じですね。

 

・map関数

 

最後です。

ある範囲の値を任意の範囲の値に変換する関数です。

ArduinoではdigitalReadなどで読み取る値は0~1023の範囲です。

また、analogWrite()で出力するときは0~255の範囲です。

ですので、map関数を用いて読み取った値に対応する出力を定義することができるわけですね。

analogReadの値を格納している変数をvalとするとmap(val,0,1023,0,255)となります。

以下はプログラム例。読み取り値をサーボモータの回転と対応させています。

 

f:id:okayamalabo:20181213212605p:plain