思いつきdeものづくり

3Dプリンターで新しいものづくりを。素人が工作に奮闘する製作記です。

ENDER2 Reprap Prusa i3 レビューと購入の際のアドバイス

 

 

今回は私が使っている3Dプリンタの紹介をしますね。

 

f:id:okayamalabo:20181130203806j:plain

ENDER2



 

ENDER2というモデルです。プリントサイズは150×150×200とのこと。

まぁそんなに大きいものは刷らないですけどね。精々50×50くらいでしょうか。

100×100なんてサイズを刷っちゃうと5時間とか平気でかかりますから。

Amazonで今年の4月に購入したのですが、大体2万6千円くらいでした。でもこれ、ブログ等での紹介が異様に少ないんですよね・・・。(最近は増えてきたけども)

なので紹介します!

 

 

 

 

・性能

 

思っていたよりは十分に綺麗です。スライサーソフトはCura15.04.3(かなり古い)を使ってます。

以下の記事でいろいろ作ったり使い方を説明してます。

 

okayamalabo.hatenablog.com

okayamalabo.hatenablog.com

 

古いバージョンのCuraの方が動作が軽くていいんですよねー。最新のものは重いです。

作動音は独り暮らしの学生物件でも気にならないくらい静かです。

エンコーダのピロピロ音が一番大きいですね。あとファンの音。

ENDER2の設定からFan speedを0とかに設定できますが、何も変わりません。

ですが押し入れなどに入れて動かせば、十分に低減できるかと。実際私はそうしてます。

エクストルーダもファンに負けず劣らず、個性的なパーツです。とにかくばねが固いです。

 

f:id:okayamalabo:20181130203704j:plain

指の力が試される

 

ちなみに、MicroSD(8GBが付属している)を使ってスタンドアローン印刷が可能。

要はデータさえ入れれば3Dプリンタ単体で動くってことですね。

でも一つ注意が。

デフォルトでついてくる12V-20Aの電源があるんですが、かなりうるさいです。

本当にうるさいですから。扇風機や換気扇が如何に静かなことか・・・!!

あとメッキでキラッキラ光ってましたね。ガワはペラッペラでしたが。

 

しかも電源スイッチはなく、端子も貧弱なのでかなり怖いです。

コンセントに挿すと電源ONです。(火花もオン

ちなみに私はATX電源を改造したもので動かしてます。

3.3V(オレンジ)、5V(ピンク)、12V(黄色)をそれぞれ2ポートずつ。

黒色はGNDです。

 

f:id:okayamalabo:20181130203823j:plain

大阪のオフハウスで105円でした



これですね。350Wのものですが十分に動きます。

大阪にいるときにオフハウスで買った105円のジャンク品を改造したものです。

これはこれで結構危険ですね(; ・`д・´)

岡山にオフハウスは少ないのでちょっと悲しいです。

ちなみにスペック表です。

 

f:id:okayamalabo:20181130203721j:plain

EVER GREEN......スーパーかな?

 

 

元の電源はどうしたかって?

メルカリで売ったよそんなもん!

実は似たような品がAmazonで2000円から3000円で売られているのは内緒。

 

 

・組み立て

 

簡単です。同梱されているMicroSDに組み立て動画があるので、それを見ながら組み立てを行えば2時間くらいでできます。

ただやっぱりというか見づらい動画でした。体で隠しながら組み立てるのはアカン・・・

勘で組み立てても結構何とかなるので大丈夫だとは思いますが。

Z軸のボールねじとカップリングがずれずれなのはお約束。

カップリングの方でずれは吸収できるので組み立てはできるんですけどね。

 

 

f:id:okayamalabo:20181107202922j:plain

 

 

ちなみにこんな感じで届きます。かなりでかい段ボールでくるので受け取るときは覚悟しましょう。

段ボールごとビニールテープでぐるぐる巻きだったのでゴミの量がもうね、凄い。

 

こんな感じですかね。もし組み立てやこの機種について質問等ありましたらコメントで聞いてください。

あ、フィラメントは2000円/kgの安いPLA使ってます。時々折れます。

 

 

 

 

 

f:id:okayamalabo:20181130203751j:plain