思いつきdeものづくり

3Dプリンターで新しいものづくりを。素人が工作に奮闘する製作記です。

遊星歯車機構の製作4【完成】

 

こんばんは。オカラボです。

何だか今日から一気に冷え込んできましたね。岡山県でも20℃を下回り始めました。

ますます布団から出たくない寒さになりつつありますが、授業があるのでのそのそと布団を這い出て大学に行っております(´・ω・)

ケチって買わなかった加湿器、買うべきですかねぇ・・・?

 

 

さて、気を取り直して前回言っていた設計変更も無事、終わりましたので完成まで一気に行こうかと思います。

まずは前回作った内歯車とモーターを繋ぐパーツをモデリングします。

販売元の寸法表を参考に作りました。厚みは2mmです。

 

f:id:okayamalabo:20181112232725p:plain

 

そして、内歯車の中に出力キャリアを格納できるようにちょちょいとモデリングをいじります。その際に内歯車からパーツが飛び出さないための蓋も作りましょう。

 

f:id:okayamalabo:20181112232806p:plain

 

蓋にはNTN製のベアリングをはめ込むので、くぼみをつけています。

また、ねじで内歯車と接続して固定するのでM2ナットが入るようにポリゴンで穴を空けておきます。

ポリゴンについては前回の記事で触れましたね。

 

okayamalabo.hatenablog.com

 

 

f:id:okayamalabo:20181112232847p:plain

 

これで内歯車とモーターを繋ぐパーツの二つができました。

これらを別々にプリントして接着してもよいのですが、面倒ですし、ずれたりしたらいやなのでFusion360上で一体化させます。

 

f:id:okayamalabo:20181112232834p:plain

デザインを挿入

f:id:okayamalabo:20181112232926p:plain

まずは適当な位置に置きます

f:id:okayamalabo:20181112232956p:plain

そしてジョイントで接合

 

これで完成です。お疲れさまでした。

こちらがプリントしたパーツです。

f:id:okayamalabo:20181112233131j:plain

内歯車+モーターベース

f:id:okayamalabo:20181112233158j:plain

ベアリング入り

3Dプリント品は白色なので写真がとりにくいですね(;´・ω・)

背景を黒にすると多少はましになるんでしょうか?

まぁ何はともあれこれでパーツ全て完成です!あとは組み立て。

f:id:okayamalabo:20181112233541j:plain

太陽ギア+内歯車

f:id:okayamalabo:20181112233553j:plain

完成!!

f:id:okayamalabo:20181112235250j:plain

 

f:id:okayamalabo:20181118001251p:plain




遂に完成です!減速比は1:3.57です。最大静止トルク10kgf*cmくらいですかね。

後ろがごちゃごちゃした写真で申し訳ない・・・

あ、使用しているモーターはこれです。この型番はアマゾンでは一番安いんじゃないんですかね?

 (12/17現在売り切れていたので、同等品に差し替えています)

スペックの方ですが、動作音は気にならない程度で、

なんとオイルフリーです!!

PLAはやけにオイルをはじくので、使っていないんですよ。

それでもきちんと回りますし負荷にも耐えています。素晴らしい。

 

というわけで遊星歯車機構の製作はひとまず終わりです。

ネット上に3Dプリンタで遊星歯車機構を作る記事というのがかなり少ないので、できるだけ説明を加えつつ紹介、製作してみました。

今後同じようなことをしようと思う方の道しるべとなれば幸いです。

まぁ、まだまだ改善点もありますけどね(;´Д`)

軸の微妙なぶれとか減速比の小ささとか・・・もう直しませんが。

 

ではこれにておしまい!さよなら!

あ、でも他の製作物とかもあるので製作記はまだまだ続きますよ(ΦωΦ)

次はボールねじを使ってスライダーでも作りますかねぇ・・・

 

・おまけ

f:id:okayamalabo:20181112235326j:plain

冷却ファン(無意味)付きVRゴーグル