思いつきdeものづくり

予報は3Dプリンターときどき電子工作

静音な切断工具をつくる【その1】

 

 

ども、オカラボです。今回は木材も切断について、です。

DIYしているときの一番の悩みの種は、なんといっても騒音ですよね。

いつ隣家から苦情が入るか・・・と考えるとおちおち木も切っていられないわけです。

隣家で工具の音がどう聞こえているかなんてわかりませんし。

そのため、導入できない工具がたくさんあるんですね。糸鋸盤とかジグソーとか。

(SK11のやつは導入直前で思いとどまった)

 

 

 

マキタ(makita) ジグソー オービタル付 JV0600K

マキタ(makita) ジグソー オービタル付 JV0600K

 

 

 

 

そんなわけで糸鋸でせっせと切断しているわけですが、それでも音は気になります。

しかも私のような木工素人が使うのだから直線のカットは難しい・・・

 

(´・ω・`) 木工加工は無理か・・・

(´・ω:;.:... 木工k

(´:;....::;.:. :::;.. .....


(´・ω:;.:... いや待てよ

 

(´・ω・`) 作ればいいじゃん

 

というわけで、作りますか。

 

 

 

・構造

 

基本的にはモーターの回転を直線運動に変換して刃を動かします。

そのため、回転運動を直線運動に変換する機構が必要になってくるわけです。

有名なものは以下の2つでしょうか。

 

Scotch yoke - Wikipedia

クランク (機械要素) - Wikipedia

 

スコッチヨークとスライダクランク機構です。後者のほうは車のエンジンによく使われていますね。

ところで今回はスライダクランク機構を採用します。理由は簡単。

回転軸と往復運動する箇所とで距離が取れるからです。

 

 

 

・材料調達

 

 ・スライドレール

 

 

f:id:okayamalabo:20190215145014j:plain

ほんとは100mmのが欲しかったです(当時は100mmが売り切れ)

 

 

・刃

 

 

f:id:okayamalabo:20190215145125j:plain

今回はNACHIのものを使います

 

・動力

 

 

f:id:okayamalabo:20190215145147j:plain

NEMA17+自作ギアボックス+自作ブラケット

 

作り方やステッピングモータの制御は以下の記事で。

 

okayamalabo.hatenablog.com

okayamalabo.hatenablog.com

okayamalabo.hatenablog.com

okayamalabo.hatenablog.com

 

 

 基本構成要素はこれだけです。あとの細々したパーツは3Dプリンタでつくります。

 

Q:往復運動ならラックギアでええやん?

A:一々回転方向を変えるのは美しくないから却下。

 

okayamalabo.hatenablog.com

 

 

Q:ソレノイドでよくない?

A:今持ってる奴はトルクがちょっと・・・

  そもそもソレノイドでそんなトルク出せるのか・・?

 

f:id:okayamalabo:20190215150813j:plain

不良在庫(全部で8個余ってる) 12V 0.63A流れる割にトルクが弱い。

 

Q:糸鋸で切ればいいじゃん

A:(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

  あ、でもこの糸鋸はおすすめです。安いわりにちゃんと切れます。

 

プロメイト 糸鋸デラックス 焼入刃付 No.7260

プロメイト 糸鋸デラックス 焼入刃付 No.7260

 

 

 

と今回はここまで。完成するかわからないプロジェクトですが、頑張ります。