創成ミライ

予報は電子工作時々ガジェット

中華製の直流安定化電源【UNIROI】

これまたPCオシロに付随して購入したやつ。

 

 

okayamalabo.hatenablog.com

 

 

電子工作をする人にとって、直流安定化電源というのは垂涎ものであるわけです。

しかし国産メーカーのは高いんですよ。菊水とか菊水とか。とにかく、どう頑張っても大学生が気軽に買える値段ではありません。

そこで白羽の矢が立ったのが恒例のよくわからん中華メーカー。

購入理由として、だましだまし使っていたACアダプターが断線したってのもありますけどね。

 

購入先は安定のAmazon。電子パーツなどは秋月一択なんですが、こういう謎の中華製はやはりAmazonのほうが取り扱いが豊富です。

電源は小さめの段ボールで梱包されています。しかし箱がすでにへこんでいますね。

早速中華の洗礼を受けている感じがします・・・。

 

f:id:okayamalabo:20200119231508j:plain

f:id:okayamalabo:20200119231504j:plain

f:id:okayamalabo:20200119231511j:plain

 

メーカーはUNIROI。聞いたことないですね!

とりあえず箱から出してみました。付属品は本体、電源ケーブル、ケーブル2種、説明書です。

 

f:id:okayamalabo:20200119231501j:plain

f:id:okayamalabo:20200119231457j:plain

 

しかしこの説明書、ぺらっぺらの紙切れです。

まぁ読まなくても使い方はなんとなくわかりますからいいんですが、これなら説明書付けないほうがマシじゃ・・・?

 

更に、電源ケーブルは3PのAC電源ケーブルです。変換コネクタは付属しません。

 

f:id:okayamalabo:20200119231453j:plain

使えないことはないけど・・・

 

ですので、急遽モニター用に買っておいた細い電源ケーブルを使いました。

次に各面の写真です。これぞ直流安定化電源って見た目ですね。中学校の理科室とかにありそうではある。

 

 

f:id:okayamalabo:20200119231445j:plain

f:id:okayamalabo:20200119231449j:plain

 

動作モードは定電圧と定電流。COARSEの電流ダイアルを最小にするとC.Cインジケータが光ります。定電圧モードはCOARSEの電流ダイアルを最小以外のポジションにして、電圧ダイアルを回すと始まります。

 

f:id:okayamalabo:20200119231535j:plain

ダイアルは4つ

 

出力可能範囲は30V/5A

ただ、実際にダイアルを目いっぱい回すと電圧は31.5Vまで行きます。

電流のほうは適当な負荷がないので不明。ピーク2.1Aまでは確認できましたけどね。

 

 

f:id:okayamalabo:20200128195334j:plain

かなり輝度の高いセグメント

 

また、気になったのが電源スイッチの固さ。「バッチン!」という感じで入ります。

これは少し不安です・・・。更に、電源を切っても数秒間は出力が出続けます

ですので、当然ですが電源を切るときは出力を0V付近にしてから切りましょう。

 

 

 

総括として、普通の直流安定化電源として使えそうではあります。

値段が値段ですからあんまり大きな負荷は繋がないほうがいいかも。

中華電源に電源容量限界まで負荷をかけるってのはさすがに怖いしね・・・ 。

 

 ちなみに買ったのはこれ↓